クラスターサーバー

クラスターサーバーの基本的な考え方は、障害発生時でも一貫性のある信頼性の高いソフトウェアとサーバーベースのリソースにユーザーがアクセスできるようにすることです。 サーバークラスターは、長時間メモリから実行するアプリケーション向けと、ファイルサーバー・プリントサーバー・データベースサーバーなどの、頻繁に更新されるデータ向けに設計されています。

Cluster-Serverクラスター内のすべてのサーバーではNTFS によって個々のデータがディスクに書き込まれ、これによりタスク完了に必要な I/O 数が急激に増加します。 仮想サーバーと仮想マシンをサーバークラスターに統合した場合でも、NTFS ファイルシステムレベルで発生するこのファイルの断片化の問題に直面します。

サーバーをフェイルオーバーシステムに構成する場合、ベストプラクティスでは、各システムの信頼性と効率を同時に向上させる必要があります。 これらは、稼働率の強力な基盤になります。 そのためには、ファイル断片化への対応が不可欠です。
サーバーに対するディスク断片化の影響について読む»

クラスターサーバーの稼働率と効率を改善するには?

まず認識しなければならないのは、リソースの浪費はディスクにファイルが断片化されて書き込まれるときにOS レベルで始まるということです。 この OS レベルは IT スタックの最下層であるため、広範な影響が及び原因の特定が困難である場合があります。 多くの IT マネージャーは、システム応答速度の鈍化やディスクスペースがすぐに一杯になる問題などを運営コストの一環としてみなしています。 しかし、ファイルの断片化を修復したり、断片化が発生する前に回避できれば、多くのシステム問題はなくなりストレージスペースの利用効果も改善できます。

サーバークラスターは仮想化されることも一般的です。 Windows NTFS ファイルシステムで実行する仮想マシンは、物理ディスク上の論理ドライブの断片化をすべて継承しています。 一部の管理者は断片化はもう問題ではないと誤解していますが、実際に断片化された NTFS では、不要な I/O が無数に発生し、効率だけでなく、それに関わるすべてのシステムの処理速度に影響が及びます。

Diskeeper®はユーザーに動作を感じさせることなくディスクに対するファイルの断片的な書き込みのほとんどを防止します。 どんな小さい問題でも生産性に影響が出たり、不必要な I/O の増殖が生じる前に、即座に最適化が行われます。 V-locity®は、仮想マシンでも同じ動作をします。 いずれのソリューションもリソース検知能力が高く、最適化アクティビティによるリソースが競合しないよう設計されています。

 
「SAN クラスターサーバーへの Diskeeper のインストールが今日終了しました。 最初、断片化は、E ドライブで 40%、F ドライブで 43% でした。 それがほんの数時間でどちらも 0% になりました。 ひどいパフォーマンスの問題が最近発生していたので、必ず違いが明らかになると思います。 いずれにしても Diskeeper のインストールおよび設定の簡単さには驚かされました。」
- ドーン ミッシェル、Partners HealthCare – ブリガム & ウィメンズ病院

サーバークラスターの稼働率と効率を強化する Diskeeper Server または V-locity の無料試用版のダウンロード»

企業での導入に関するお問合せ

ボリュームライセンス導入のご相談や、機能のお問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームをご利用ください。

  • 最新Windows OS 対応情報
    Soheiダイレクト: 相栄電器 直販ストア
    SOHEIメールマガジン購読登録へ
  • Condusiv Technologies
    相栄電器株式会社