電子メールサーバー

電子メールサーバーには企業の生命が流れています。 Exchange Server のような電子メールサーバーは、企業活動に不可欠である大量の通信に対応できません。 電子メールファイルをディスクに書き込むと、ファイルはますます小さな断片に分割され、ハードドライブ全体に分散されます。

Condusiv Technologies 電子メールサーバー向けのソリューション利用できる空きスペースは、さらに断片化され、データの読み書きを行うハードディスクコントローラーアームの作業量が増大します。 そうなると、1つのタスクを実行するために必要な I/O の数が急激に増えます。 I/O ボトルネックがすばやく増大し、ヘルプデスクコールも激増します。

最後は、サーバーを停止して、手動でデフラグすることになります。 これには、次のようないくつかの問題があります。 ビジネス生産性の低下、ヘルプデスクコールの増加、ストレージメディアの消耗の増加、エネルギー消費量の増加。 いずれもファイル I/O が最適化されていないことが原因です。

電子メールサーバーのパフォーマンスはどうすれば向上できますか?

まず認識しなければならないのは、リソースの浪費は、ディスクにファイルが断片化されて書き込まれるときにOS レベルで始まるということです。 この OS レベルは IT スタックの最下位であるため広範な影響が及び、原因の特定が困難である場合があります。 多くのシステム管理者は、システム応答速度の鈍化や、ディスクスペースがすぐに一杯になる問題などを単なる運営コストの一環としてみなしています。 しかしファイルの断片化を修復したり、断片化が発生する前に回避できれば多くのシステム問題はなくなり、ストレージスペースの利用効果も改善できます。

Exchange Server は、最初に仮想化されるべきサーバータイプの 1 つです。 Windows NTFS ファイルシステムで実行する仮想マシンは、物理ディスク上の論理ドライブの断片化をすべて継承しています。 管理者によっては、SAN 環境は断片化の影響を受けないと誤解している人がいますが、実際には断片化した NTFS は、無数の不要な I/O を下位の SAN レイヤーに送って、その動作を妨げます。

Diskeeper®は、気付かれないように、ディスクに対するファイルの断片的な書き込みのほとんどを防止します。 どんな小さい問題でも、生産性に影響が出たり、不必要な I/O の増殖が生じる前に、即座に最適化が行われます。 V-locity®は、VM でも同じ動作をします。 いずれのソリューションもリソース検知性能が高く、最適化アクティビティによりリソースが競合しないようにしています。

"電子メールは企業の原動力ではありませんが、社員は電子メールがすぐに届くことを望んでいます。 人によっては、電子メールは瞬時に届くと思っています。 すべてのファイルアクティビティで、システムの動作はゆっくりと行われていました。 スパムが大量に送られてきた場合、メッセージが失われた場所までメッセージをためておくことができました。 Diskeeper を導入すれば、このような問題はすべて過去のことになります。"
- チャールズ ロバーソン、情報サービスマネージャー
Placid Refining Company LLC

"Exchange クラスターに Diskeeper を導入する以前は、電子メールシステムがフリーズしてデータベースがひどく破壊されれました。 しかし、Diskeeper の導入後は、フリーズは過去のものになり、データベースが再び破損することもありません。 以前には多数あった電子メールシステムに関するクレームもほとんどなくなりました。"
- グレッチェン ガンツァー、ネットワーク管理者
Canoga Perkins

電子メールサーバーのパフォーマンス強化のために、Diskeeper Server か V-locity の無料試用版を今すぐダウンロード»

企業での導入に関するお問合せ

ボリュームライセンス導入のご相談や、機能のお問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームをご利用ください。

  • 最新Windows OS 対応情報
    Soheiダイレクト: 相栄電器 直販ストア
    SOHEIメールマガジン購読登録へ
  • Condusiv Technologies
    相栄電器株式会社