ファイルサーバー

NTSF ファイルシステムは、Windows オペレーティングシステムの核心であり、そのパフォーマンスはシステムの信頼性と直接関連しています。 しかし、NTFS はディスクに分散した形でファイルを書き込みます。たとえディスクがほとんど空の状態であってもそれは同じです。 これにより、1つのタスクを完了するために必要とされる I/O の分量が即座に増大して、最新の最も高度なシステムでも急速に処理能力が低下します。

File-Server速度の低下・クラッシュ・頻繁なダウンタイムの発生は、生産性に影響を与え、その影響は会社全体で誰もが感じる状況になります。

ファイルシステムのパフォーマンスの最適化により、ダウンタイムを最小限に抑え、アプリケーションの処理速度と効率を上げるという 2 つの重要な目的が達成されます。 トラフィックが多いことはほとんどのサーバーでよく見られることですが、こういったサーバーではNTFS パフォーマンスの根本的な問題があるとすぐにパフォーマンスが低下します。 問題は、システム管理ツールと監視ツールでは、可能性の範囲にまでしか原因を特定することができないことです。 提示されるソリューションの中には多くの場合、 NTFS ファイルのデフラグを含みません。これは、一般に断片化の影響が過小評価されているためです。

ファイルサーバー向けの Diskeeperについてもっとよく知る»

ファイルサーバーのパフォーマンスはどうすれば最適化できますか?

ファイルの断片化の発生を安定性や信頼性の問題が発生したことにより気がついても、"既に手遅れ"であることがしばしばです。 断片化が原因で I/O アクティビティに負担がかかると、正常時 (断片化のない環境) には効果的に機能するデバイスドライバーやファイルフィルターにも支障が生じます。 サードパーティアプリケーションの信頼性は、たとえばディスクサブシステムにおけるボトルネックにそれらのアプリケーションが対応できる程度によりほぼ決まります。

Diskeeper® は、システム管理者によりテストされ、その結果、ファイルシステムパフォーマンスは、ピークレベルで一貫して維持され、システムやネットワークの重大な問題が解消されたことが確認されました。 V-locity® は、仮想マシン でも同じ動作をします。 たとえば、SQL 管理者がデータベースサーバーの 1 回当たりの平均ディスク読み取り時間 (秒) が非常に高かったことを発見した事例が 2 件あります。

Microsoft ナレッジベースの記事によれば、ディスクの読み取り時間が 50 ミリ秒を超えると、深刻なボトルネックであるということです。 管理者は、遅延時間が 200 ミリ秒と 300 ミリ秒であることを発見しました。これは、かなり深刻です。– ナレッジベースの記事では、解決策が示されていましたが、デフラグについては明確に示されていませんでした。 どちらの管理者も、Diskeeper®を実行した結果、読み取り速度は 15 ミリ秒と 30 ミリ秒にすぐに改善されました。 これは、素晴らしいパフォーマンスの改善です。

ディスクを追加するなど I/O 帯域幅の増加を推奨された場合には、その前にファイル I/O の最適化を検討してください。

例: SAN ベンダーから、コントローラーまたはアレイを追加するように勧められた場合。
かなりの断片化がある場合、それは問題から目を背けて覆い隠していることに他なりません。Diskeeper®を用いれば本質的な問題を解決できる上、ずっと経済的です。

"Diskeeper®の導入前は、長いバッチプロセスジョブを実行するとその一部は、「Delayed Write Fail (書き込みに時間がかかり失敗しました)」というメッセージが発生して失敗したことがよくありました。 3 年以上前に問題のボリュームのホストであるファイルサーバーに Diskeeper をインストールして以来、そのメッセージは発生しなくなりました。"
– デイモン ヤング、システム管理者、
Xceed Financial

ファイルサーバーのパフォーマンス強化のために、Diskeeper Server または V-locity の無料試用版を今すぐダウンロード»

企業での導入に関するお問合せ

ボリュームライセンス導入のご相談や、機能のお問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームをご利用ください。

  • 最新Windows OS 対応情報
    Soheiダイレクト: 相栄電器 直販ストア
    SOHEIメールマガジン購読登録へ
  • Condusiv Technologies
    相栄電器株式会社