ネットワークアタッチドストレージ (NAS) & ストレージエリアネットワーキング (SAN)

ビジネスが成長すればするほど、ストレージ環境の自然な発展に伴って、ネットワークストレージの需要が増加します。 Windows サーバーのダイレクトアタッチドストレージ (DAS) では需要を満たせなくなったビジネスの多くは、ネットワークアタッチドストレージ (NAS) またはストレージエリアネットワーキング (SAN) に移行しています。

SAN-NASパフォーマンス、信頼性、可用性、プロビジョニングを利点とする SAN を実装することにより、サーバーに直接アタッチしないストレージを最大限に活用できます。

しかし、SAN ストレージの圧倒的な利点は、ただ単に SAN を実装してベンダーの指示に従えば Windows サーバーベースのネットワークで最高のパフォーマンスと信頼性が得られる、という誤った印象をストレージ管理者にしばしば与えます。

ベストパフォーマンスSAN環境を今すぐに読む(PDF)≫

SAN のパフォーマンスを有効利用するには?

しかし、SAN 管理者は、ある時点で SAN ストレージが以前ほど機能しなくなったことに気付きます。 パフォーマンス低下の原因を調べると、通常は、空きスペースまたは利用できるストレージの問題が示されます。
管理者は、何が予想外の I/O を発生させているのかという疑問にぶつかります。利用可能なストレージを増設するというのは最も安易なソリューションです。 しかし、多くの場合SAN 上のストレージは問題ではないので、ストレージの増設は必要ありません。

最も大きな問題で、最も知られていないのが、SAN ストレージシステムの断片化です。 多くの Windows サーバー管理者は DASD ストレージの使用時には受け入れて対処してきた断片化は、SAN を実装することで消失したと信じています。 
SAN の効率低下の問題を調べるときに、ファイルの断片化がストレージ管理者の頭に浮かばないことが多いのは、この思い込みのためです。 SAN のパフォーマンスの問題に気付いても、空きスペース不足が SAN を遅くしているのだろうと推測して、ストレージの増設というお決まりの行動になります。 しかし、総合的なパフォーマンスとストレージの効率は両方とも、ストレージが DASD、NAS、または SAN のいずれの場合でも、Windows サーバーがデータをストレージに書き込むときに発生するファイルの断片化の影響を受けます。

SAN ストレージにおけるファイル断片化の影響

SAN ストレージにおけるファイル断片化の影響は、アプリケーションパフォーマンスの低下およびストレージの非効率な利用となって現れます。 アプリケーションの応答時間が遅くなり始め、大きなファイルやアプリケーションの読み込みにかかる時間が延びて、ユーザー全体の操作性に悪影響を与えます。
エンドユーザーはコンピューターが遅くなったと感じ始め、ネットワークパフォーマンスまたはその他の考えられる問題への苦情が、ヘルプデスクコールとして寄せられます。 実際には、単純に断片化によって、エンドユーザーも認識できるほどデータの処理時間が延びているのです。
Diskeeper®は、企業の SAN をより効率的に実行し、アプリケーションのパフォーマンス向上を支援するために設計されたテクノロジを提供します。 V-locity®では、VM でも同じ動作をします。

SANでテストするために、Diskeeper Server または V-locity の無料試用版を今すぐダウンロード»

企業での導入に関するお問合せ

ボリュームライセンス導入のご相談や、機能のお問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームをご利用ください。

  • 最新Windows OS 対応情報
    Soheiダイレクト: 相栄電器 直販ストア
    SOHEIメールマガジン購読登録へ
  • Condusiv Technologies
    相栄電器株式会社